バレエライフ応援団

理学療法士の立場からバレエの動きや痛みを考えます

力が入る理由は??-タンデュ編

力が入る問題の続きです。

力が入る理由の代表的なものとして

①本当に必要な筋を使えていない
②必要以上に力んでいる
③筋力が弱い

が上げられます

私が、タンデュで脚全体がかちーんと棒っきれみたいになってしまっていた理由は①②③
あ、ルティレに続きこっちも全部だ(=∀=)
①タンデュで踵を上げる時、足指で床をぎゅーっと押しつけ、それを支えるために前ももにがっちり力を入れていました。
また、踵を持ち上げるためにふくらはぎも大活躍していました。
③本当は足の裏の筋で足の甲を押しだす様に踵を上げるべきでした。その足裏の筋が全くもって弱かった!!
 そして、それを引き上げるべき腹筋群が弱く、お尻が後に突き出してしまっていました
②結果、脚全体が働いてしまい、力を入れ過ぎてしまうループにどっぷり浸かってる状態

特に、バレエの動きは、人間の生理的な動きに準じていないことが多く、自然のままでは動けません。
そのため、意識することが重要なのですが、その意識が一点ではなく、腕、手首、指、体幹、肩・・・全てですΣ(゚Θ゚)
人間、どこかを動かそうとすると、そこを支えるために、他の部分も働きます。
動かす部分にがっちり力が入ると、支える部分の力も強くなり、更に協力する部分も増えることもあります。
試しに、手をぎゅーと握りしめると、肩が上がりませんか??
腹筋は??
口をくいしばっていませんか??
そうなんです、連動するのです。
これをまた意識して力を入れない(抜く)が必要なのですね~
運動連鎖
アナトミートレインより



にほんブログ村

スポンサーサイト

足裏 力を抜く

力が入る理由は??

気付かないうちに、力が入ってしまう問題
場所は様々
くび、肩、お尻、うちもも、前もも、ふくらはぎ、二の腕、指先などなど

145d8dcfd3e15bbeac6cc78b986914b6.jpg
理想はこんな感じ、見てると簡単そうなのにな

そして先生から注意されます
力を抜いて~!!

でも、どうやって抜いたらいいのさ!!
半ギレですヽ(`ω´*)ノ

まずは、力が入ってしまう原因を考えてみましょう。
①本当に必要な筋を使えていない
使う筋が分からない、別の筋を使ってしまっていることが考えられます
②必要以上に力んでいる
力を入れることに慣れてしまい、抜くことを忘れている状態も良くあります
③筋力が弱い
例えば、ルルベをするのに必要な筋力が足りないと、がんばって働こうとするので筋をマックスまで固くしなければなりません

などが考えられます。他にも理由はたくさんありますが。。。

前回の記事で書いた私が先生に注意された部分について考えてみました。

ルティレでの腕ががっちがちになっていた理由は①②③
あ、全部だ(/∀\*)
①体のぐらつきを腕でバランスをとっていた
②これが当たり前と思っていました
③腕を支えるべき、肩甲骨周囲、腹筋群が弱いんです~

これを修正する対策としては
①→腕でバランスを取ることを止めて、どこがぐらつくか確認する
足首、骨盤が一番ぐらぐらする、足の裏、腹筋群が使えていない様
これらの筋力トレーニング
②→意識的に腕の力を抜く、方法は、、、
その1まず、更にがっちり力を入れてみて、その後脱力してみる
その2深呼吸の吐く時に合わせて脱力してみる
その3いちどルティレを止めて、6番アテールでアンオーをしてみる
③→肩甲骨周囲、腹筋群の筋力トレーニング

以上が考えられます
個々の原因にアプローチしつつ、それらを動きの中でつなげていき、体に染み込ませる作業もまた必要ですよね。
時間はかかるのを覚悟して、少しずつ力を抜いて行くぞーーー




にほんブログ村

力を抜きなさ~い!!

勤務先が変わり、今までの時間帯でレッスンを受けられなくなりました。
そのため、行きやすい場所にあるスタジオに行ってみました。

そこで、先生に言われた(いや、レッスン時間内に言われ続けた)言葉がこれ!

「力を抜いて~!!」

私の心の声『ええ!!力ってどこの??』

ルティレでキープするときの腕は
「肩!」
「肘!!」
「手首!!!」


私の心の声『ひゃーーー、本当だ、がっちがち』

タンデュをすれば、
「太もも前!」
「太もも後も!!」
「ふくらはぎ!!!」
「足の指!!!!」


心の声『ええ~、足の指って力を抜いていいの??』
『脚を伸ばしたいのに、ハムストリングにもふくらはぎにもがっちり力がはいってる(T△T)いやー』

「力を入れるのは、お腹」
「脚は足の裏を強く使うだけ、他はすーーーっと足先に向けて伸ばすのよ」

そこで先生、お腹を支えて、改めて体の使い方のポイントを教えてくれました。
タンデュ足の裏
足の裏、しかも土踏まずだけをぐいぃぃっと使うんだって

すると
なんと、脚がすーーーーっと伸びること
股関節も回しやすい
そしてなんといっても体が(」*´∇`)」

目からウロコでした
いや~楽しい♪♪♪



にほんブログ村

足の裏 太もも 力を抜く

靴下の穴!!

職場の言語聴覚士さん
「いつもこの位置に穴が開くのよね~」
仕事前にこんな靴下で患者さんの前に出るわけにはいかないと、靴下を取り替えていました。

足の中指の付け根にぽっかりと穴が開いています。
靴下の穴
  画像お借りしました

こんなところから、脚の曲がり方や、歩く時の癖、足指の使い方などが想像できます。
これを放っておくと、後々は脚に捻じれが生じ、足首、膝、股関節、腰など様々な痛みに繋がっていくことも。

そんな話をしたら、
「靴下の穴ひとつで、そんなに話がふくらむ!??」と

そうなんです、私たち理学療法士は穴ひとつで何時間でも話せます(〃▽〃)

これ、ポワントやバレエシューズにも通じます。
体の不具合を感じているバレエをする方々も一度靴下の穴を確認してみませんか


にほんブログ村

足首の痛み

お久しぶりです。
新しい職場の業務に追われ、すっかり更新がおろそかになっておりました。
改めて、自分の器の小ささを認識中です(゚△゚;ノ)ノ

やっと余裕が出てきたので、更新再開したいと思います。
また、滞ったら、「あーまた仕事に追い込まれてるのね」と暖かい気持ちで見守って頂けると幸いです。

さてさて
バレエを続けている方々の足首の痛み、、、
本当に良く聞きます。

痛みの出る場所は様々ですが、ひとつ確認してほしいことがあります。

足の裏をついて、パラレルに立って後ろから踵を見てみましょう。
踵がまっすぐになっていますか??

足関節いろいろ


内側、外側に倒れいていたり、もしくはいずれかが前方に少しずれていたり。。。
この位置からルルベになると、踵は見事にまっすぐには上がりません。
踵の傾きを修正するために、内側や外側のくるぶしに負担がかかり、痛みが出ることもありますΣ(´Д`lll)エエ!!

まずは、きちんと立てること。
これが大事!!

踵がまっすぐにならない原因は人によって様々です
足の関節の動き
踵の位置
前足部の使い方
脛の向き
太ももの向き
骨盤

etc...

その原因を分かるためには、やはり専門家に見てもらうのが一番~
ですが
以前、記事でご紹介したエクササイズでも自分で修正できます!!
一番大事なエクササイズはこれ→

もしよかったら、新しいシーズンに向けて試してみて下さいませ


にほんブログ村